イメージ画像

保険料の安さにはわけがあった

世の中の構造が変化している時代にあって、保険会社を取り巻く環境も確実に変化しています。 しかし、加入者の側にすれば適度な競争やコストの削減による保険料の値下げがあることは、いつでも大歓迎です。


とりわけ、少し前までは外資系の参入が大きな話題になっていましたが、最近では従来の代理店型保険会社ではない形態の保険会社、つまりネット生保やダイレクト系と呼ばれる保険会社に注目が集まっています。


最近ではネット生保の会社が販売する商品への加入者数が急激な伸びを示しているというデータもあるのです。 たしかに、友人や近所の保険外交員に勧められて加入した時代は終わりを迎え、各家庭が健全な運営を行なっていくために、見直せるものは見直していこうという姿勢がうかがえます。


どのような形態で運営されているとしても、純保険料の部分は変わりません。 純保険料とは、保険料のうち、保険金の支払いに充てられる原価部分です。 保険の保障内容が同じであれば、保険会社間でそれほど大きな差は出ないはずです。


一方、付加保険料の部分では、ネット生保に大きな強みが生じるわけです。 付加保険料とは、保険料のうちで保険会社の利潤や経費に充てられる部分です。 もし付加保険料を下げることができるなら、その分だけ保険料を安くすることが可能になるのです。


ネット生保の場合は、たとえばネットを利用することからくるペーパーレス、膨大なパンフレットなどの印刷物のための経費を削減することができます。


さらに、販売はネットを使って行われますから、営業マンなどを大量に雇うことからくる営業コストが膨らんでしまうということはありません。


申込みに関しても、希望者がネットによって直接申し込むため、事務費を抑えることができます。 このように、コストカットを実現させることによって安い保険料を実現させているのがネット生保なのです。


決してサービスの質を低下させているとか、保障内容に見劣りする部分がたくさんあるというわけではないのです。 現在のところ、ネット生保が販売している商品は非常にシンプルな構成になっているのがその特徴です。


とにかくわかりやすい商品を望んでいたという方や、掛け捨て型の生命保険にだけ興味があるという方には向いていると言えます。 その反対に、ある方にとってはメリットと思えることが、ある方には不満足な点になるかもしれません。


商品種類が少ないので、もっと多くの商品を扱っている会社がいいとか、代理店があることによって安心することができるという方には、従来型の保険会社が合っているでしょう。 保険料の安さだけが決め手ではないはずですから、自分にとって最適な保険会社を選択しましょう。

このページの先頭へ