こどもの教育資金を確保するための保険

万が一の時に備えることによって安心を買うことができると共に、実際に窮地へと追い込まれることを回避することができます。 わたしたちの人生の中で遭遇することになるかもしれないリスクに対してのカバーをしてくれるのが保険商品です。


先の人生について考えれば考えるほど、必要と思える保険商品の種類が増えてしまうかもしれませんが、どれくらいの金額を保険料の支払いに充てることができるか、そのバランスを考慮したうえで検討する必要があります。


将来の自分や家族に対する備えとしての保険商品の中には、こども保険と呼ばれるものがあります。 または学資保険と呼ばれることもあります。 こども保険は、その名前が示している通り、こどもに対する備えをすることがその主な目的です。


こどもの成長に伴って必要となる教育資金を確実に捻出することができるように、教育費を積み立てることができるように設計されています。 毎月の保険料を支払うことによってお金を積み立てていき、満期を迎えると満期保険金を受け取ることができます。


また、進学時にはお祝い金が設定されているため、そのタイミングで必要になる出費をカバーすることができます。 そのほかにも、契約期間中に契約者である親が死亡した場合には、それ以降の保険料の支払いが免除されたうえで、必要な保障を受けることができます。


契約内容によっては、手厚い保障が付け加えられる場合もありますが、そのようなときには貯蓄性が低くなります。 こどもに万が一のことが起きた場合の費用や、入院したときに給付されるお金の設定があるタイプでは、保障の分だけ保険料が上乗せされているため、貯蓄という観点から考えると、支払った保険料の総額よりも受け取ることのできる保険金が少なくなるので注意しましょう。


大抵の場合、大学進学時、あるいは大学卒業時に満期を迎えるように設定されます。 つまり、20年前後の長期にわたって保険料の支払いが発生するわけですから、ある程度の費用を計算したうえで加入の是非を検討することが大切です。


とくに、加入時には家計に余裕があっても、その後に住宅の購入を控えているとか、こどもの数が増える予定がある場合には、そのような状況の変化を経験しても毎月の保険料を払い続けることができるかどうかを検討する必要があります。


こどもの教育費を貯めるという目的に合わせて、こども保険のような強制保険を活用することもできますが、貯蓄が目的ならば、貯蓄性がさらに高い商品を利用することもできます。


自分に万が一のことがあった場合の、こどもの教育費についての心配であれば、生命保険をかけるという方法もあります。 ある分野に特化した保険と共に、他の商品についても比較検討することができます。

保険クリニック口コミ・評判

このページの先頭へ