3つに分けて考える体の保険

わたしたちの体、命に対してかける保険というのは、その重要性について考え込んでしまって、結局決定を下すことが難しいという状況になってしまうかもしれません。


しかし、総合して複雑に考えてしまわなくても、細分化して一つひとつの点を上手に決定していけば、よりスムーズに、そして納得のいく決定を下すことができるに違いありません。


体に関係する保険では、大きく分けると3つのタイプで考えることができます。 その3つとは、定期保険、終身保険、そして養老保険です。 それぞれの仕組みと違いを理解するだけでも、どのような保険が自分には必要か、そのことを判断する大きな助けになることでしょう。


定期保険の場合では、仮に1000万円の死亡保障の場合ですと、一定の期間内に死亡するならば1000万円の保険金を受け取ることができます。しかし、生存したままで保険期間が終了するならば、保険金は一切受け取ることができません。


一方、終身保険の場合は解約さえしなければ保障は一生涯続きます。 1000万円の死亡保障であれば、どの段階で死亡しても1000万円を受け取ることができます。


養老保険の場合には、一定期間内に死亡することによって保険金を受け取ることができると共に、保険期間の終了を迎えると、満期の際に保険金を受け取ることができます。


このように見てみますと、貯蓄性がもっとも高いのは養老保険で、その次に終身保険、最後は定期保険となりますが、その分だけ毎月の保険料の高さも、やはり同じ順番になります。


それでも、このような体に関する保険を考えるときに、そもそも自分の家庭には死亡保障は必要ないという判断を下すこともできるでしょう。


たとえば、十分な蓄えがあって、世帯収入も一か所ではなく、自分に万が一のことがあっても収入の源がある、そして持ち家を持っているなどの点を考えると、死亡保障がなくても将来の生活において家族が路頭に迷うことはないと判断できるかもしれません。


しかし、残された家族に経済的な不安が付きまとうという心配がある場合は、やはり何としてでも家族に対する備えを保険という形で備えてあげたいと思うことでしょう。


それで、必要なことはただ一つ、つまり必要な保障額を算定して保険に加入することなのです。 そのほかにも、死亡しなくても自分が病気やけがが原因で働けなくなる、そして医療費がかさむといった心配に陥らなくても済むように、医療保険に関心を向ける人もいることでしょう。


基本的に言って、わたしたちの国には公的医療保険がありますので、それで足りない部分をカバーしてもらうために、民間の医療保険を活用できます。 面倒だと思わずに、少し時間をとって保険について学び、しっかりとした備えをしておきましょう。

保険マンモス評判

このページの先頭へ